いん  c.1600〜1050 BC
〔別ウィンドウ表示〕
 中国史上、実在の明らかな最古の王朝。
 本来は「商」が国号で、「殷」は後世に周の人々が呼んだ蔑称。

 前17世紀末もしくは前16世紀初めから前11世紀、今の河南省を中心に黄河下流域に威を振るった。


〔時代〕 c.1600〜1050 BC
〔地域〕 黄河下流(河南省が中心)
〔首都〕 偃師 (えんし) 商城→殷墟 (いんきょ)
〔特色〕 夏(か)に次いで古い中国の王朝
〔名君〕 湯王 (とうおう)
〔経済〕 神権国家
〔文化〕 巨大な王宮・王墓の造営/優秀な青銅器/甲骨文字


2000〜1500 BC  二里頭文化
 @T〜U期……王朝の文化
 AV〜W期……殷の初期文化とされる。晩期には宮殿も造営された。

c. 1600 BC
 湯王、王朝最後の王(第17代)桀を滅ぼして天子となり、商 (殷) を開く。

前16世紀末〜前16世紀初  初代 湯王
 商 (殷) の系譜では大乙(または天乙)。
 河南省偃師 (えんし) 県の亳 (はく) に都し、自らは首都の名である「商」を国号とした。
 伊尹 (いいん) などの賢臣を用いて善政を敷いた。
 湯は後に最初の都、亳から西亳(せいはく)に遷都したが、これが偃師商城の城郭遺跡ではないかと言われている。
 偃師商城は河南省偃師市南方3kmにある遺跡。

= 祭政一致の宗教国家・殷 =

 殷は一種の神権国家で、王は上帝(天)に仕える宗教的最高権威者として、卜占をもって天意をうかがった。
 巨大な王宮や王墓が造営され、すぐれた青銅器文化が栄えた。

1500〜1350 BC  殷中期
 中心域は河南省北部鄭州の二里岡遺跡。
 鄭州は殷中期の王、仲丁が遷都したゴウ(こざとへん+敖)とも言われる。

1350〜1250 BC  殷晩期
 盤庚 (ばんこう) から紂王 (ちゅうおう) までの晩期270年間は、河南省安陽県の小屯にある遺跡「殷墟」に都を移した。
 甲骨文字の使用が開始される。

前11世紀前半  末代   (ちゅう)
 商 (殷) では(または受)と呼ばれた。
 才力すぐれた君主で東方に大領土を開いたと伝えられるが、『史記』等によると、寵姫・妲己 (だっき) に夢中になり、彼女の言いなりとなって圧政をしき、酒池肉林にふけり、反対者には酷刑を科した。
 暴君の典型であり、「紂」という呼名もその悪行から付けられたとされる。

c.1050 BC
 紂王の悪政で民心は離反し、周の武王に討たれて紂王と妲己は殺され、殷は滅亡。
前ページに戻るよ 歴史用語インデックスへ

©1998-2005 早崎隆志 All rights reserved.
更新日:1998/08/31; 1999/11/10; 2000/01/30; 2005/1/1

ご意見・ご希望きかせてね eden@tcat.ne.jp