そうかせんべいは

。。。草加軒で

赤の文字をクリックすると移動します


トップページ 商品案内 草加煎餅の歴史 店への案内 草加煎餅新聞記事 草加歩きマップ 特定商取引法に基づく表記
 
 






 

2015年10月31日

  

         手間ひま凝縮


手焼の味再現(朝日新聞2015年 10月 31日)

手間ひま凝縮伝統産業子供たちヘ

 
 

72年前に こんなことが?

  

         廃業通告


廃業通告(毎日新聞昭和 55年 4月 15日)

戦時統制で伝統産業も消え、業者は炭坑労働ヘ

 

  にんにくの パワー?

 

 ニンニクの薬効?

  ガン予防・かぜ予防・アトピ・肝臓病・糖尿病・ぜんそく、気管支炎・

高血圧・強壮剤・活性酵素による細胞の老化を防ぐ・血液の循環

をよくする・抜群の殺菌力

店主の考え  手焼き煎餅は?

機械で焼いても手焼きでも変わりないと話す職人もいるが?

手焼煎餅は、香りが素晴らしい、理由は判らないが機械で焼いた商品よりこうばしい香りが周りの人を振り返らせる、一日に焼ける量は300枚、機械では1200枚、一枚¥200円で¥6万不良品なし、一人では出来ない3人は必要、売れるだけ利益がなくなる、でも自分は焼いている。 機械で造ればお菓子、手焼きは嗜好品、これでも良いのかも?儲けるために造るのでなく

せんべいを楽しむ人のために造るこれもよいのかもしれない。店主

 

  お客さまの声?

お客さまの声

  草加煎餅は硬く、歯がこわれても煎餅のせいではなく、それが本物の草加煎餅ですから?

製造業者

 大手量販製造業者では1日に10トンの原料を使用して製品に。草加の業者は60キロと少なく手間ひまかけて、硬焼のせんべいを作るのです。

 お客様もいろいろとございまして、やわらかい煎餅ないですか?とよくみみにします。

 年をとると、歯が弱くなり硬い物は?。

 機械で焼いてやわらかい煎餅も用意しております。

 お客様のご希望にそえる店もこれからは増えてくるように思います。。

トップページ 草加煎餅の歴史

トップペ-ジに戻る

ようこそいらっしゃい!
まいど、まいど 人目のお客様です。
Copyright © 2011 有限会社草加軒